2014年3月アーカイブ

どくだみ茶をお試しあれ

お茶は毎日いただくものなので、少しでも健康にいいものをと思いどくだみ茶を飲んでいます。

きっかけは大きなニキビが繰り返しできていたこと。

内側から改善しないとせっかく治ってもまたすぐにできてしまうのでどうにかしなくてはと思ったことです。

どくだみ茶にはデトックス効果があり、体の毒素や老廃物を外へ出してくれるということを聞き、さっそく毎日のお茶をどくだみ茶に変えてみたのです。

するとあれだけ頻繁にできていたニキビがあまり出来なくなりました。

半信半疑でしたが、本当に効果がありました。

また、以前よりは便通もよくなり、試しに飲んでみた友人などは飲んだ日は一日汗が止まらなかったそうです。

もちろん市販品もありますが、どくだみはどこにでも生えているものですのでそれを採取して自分で作れるところもどくだみ茶の魅力と感じます。

作り方もとても簡単。

5月~7月頃のどくだみの盛りの時期に根っこから引き抜いて綺麗に水洗いし、それを逆さに吊るして風通しの良い所で乾燥させます。

それを細かく砕いて出来上がりです。

作った茶葉は保存がきくので次の年のどくだみの時期までの分を作っておけます。

どくだみ茶というと独特のクセがあり苦くておいしくないというイメージだったのですが、全然そんなことはなくおいしくいただけます。

慣れてくると紅茶や日本茶よりもさらっとしていてごくごく飲めます。

苦いのはどくだみをよく乾燥させていなかったりするもので、しっかり乾燥させた後に更に煎ることによって香ばしくほうじ茶のような味わいになります。

一度是非試してみて下さい。

旅行先の香港でお茶の素晴らしさを実感

以前、香港の旅行に行った時、3度の食事のたびにお茶が出ました。

香港では冷たいお茶を飲む風習があまりないらしく、真夏の暑い時期にも関わらずお茶は全て温かいものでしたが、これがよかったのか、いつも旅行へ行くと便秘になるのに香港滞在中はずっと快便でした。

なので帰国後も、食事には温かいお茶を合わせて飲むようにしています。

脂っこい物が多い時には、ジャスミン茶や烏龍茶も飲みますが、それ以外の時は殆ど緑茶を飲んでいます。一度にたくさん煮出し、ポットに入れて飲んでいるので最後の方は結構冷めていますが、これをするようになってから、家族も便通がよくなったり風邪をあまりひかなくなった気がします。

私は元々コーヒー派なので、食事以外の時はコーヒーを飲んでいますが、去年の夏はアイスコーヒーの飲みすぎですっかり胃がやられてしまい、途中からずっと冷たい麦茶を飲んでいました。

最初はペットボトルの麦茶を買っていたのですが、ある日友人の家でお湯出しで淹れて冷蔵庫で冷やした麦茶を飲ませてもらってから、すっかりその味にハマっています。

手間が少しだけかかりますが、市販で売られているものよりも味が濃く、なのに後味すっきりで飲みやすいのが気に入っています。

麦茶はノンカフェインなので、妊婦さんなども飲みやすいお茶だと思います。

私が妊婦の時は、コーヒーにカフェインが入っているのは知っていましたが、緑茶にも入っているとは知らず、随分とたくさん飲んでしまったので、そこは気を付けてもらいたいです。

Movable Type 4 へようこそ!

| コメント(1)

このブログ記事は、Movable Type 4のインストール完了時に、システムによって自動的に作成されたブログ記事です。 新しくなったMT4の管理画面で、早速ブログを更新してみましょう。

このアーカイブについて

このページには、2014年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2014年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。